「和の心」を身につける

「和の心」を身につけるには、

他人の意見に振り回されないことが大切。

人の言いなりになることと和を保つことは違います。

自分の意見はしっかり持って、

その上で相手との関係を維持する能力を養って下さい。

 

「和して同ぜず」

「付和雷同」

「心安きは不和の基」

「琴瑟相和す」

 

「和」をテーマにしたことわざも様々ありますが、

どれも、「協調」と「同調」の違いを含んでいます。

協調は大切だが、同調し過ぎてはいけないという感じです。

 

「和」とは、人間関係のバランスが必要であり、

その裏側には「我」をキッチリ持ちなさいということが含まれています。

ただし、「我」は、わがままになったり、

エゴイズムになったりしますから、注意も必要です。