「学び」と「伝達」

極論ですが、何かを学びたいなら、

寒い環境で勉強をしなさい。目上の人から学びなさい。

 

音楽でも美術でも芸能でも、何かを伝えたいなら、

温かい環境で伝えなさい。子どもを味方に付けなさい。

 

 

「学び」というのは、上から下に降りて行くエネルギーです。

だから、学問でも技術でも人生でも、

目上の人(両親、上司、先輩)や、

師と仰ぐ人から教えを乞うのがいいわけです。

 

ところが、芸術系の感性は、若年世代から上がって広まる、

若い人や子どもに理解されることが、

伝える、広めるには、重要なのです。

どんなに高尚なものでも、広めるには、

子ども目線への変換が必要です。