「道」を見つけ「徳」を高める

 

自分の生きる道を見つけると人間は必然的に徳が高くなる。

自分の「道」を見つけ「徳」を高める、それが

道徳と名付けられた理論の本当の意味。

その徳が人を惹き付けるチカラになるのです。

 

徳というものは、何かの時に役に立つ、そういうものです。

言ってみれば、「備えあれば憂なし」ということでしょうか。

 

でも、徳は回転するといいますか発揮されなければなりません。

持っている本能を、ある程度吐き出さないと歪んでしまい、

伸びるものも伸びない、

徳も得られないということになります。

 

本能・才能を発揮して徳を積む。

大人の場合は徳の欠けたところの認識はできても、

埋めるといいますか、備え直すということはなかなかでき難い、

どうすればいいのかを真剣に考えなければなりませんが、

その方法は一人一人で違うのです。

 

道教の思想哲学は「道は形なきものなり」