お金は人のために使ってこそ活きる

お金の価値は人によって違いますが、

お金の持ち方や使い方でその人の運気も変わります。

お金は人のために使ってこそ活きるもの。

自分のために使って有効なのは学び事ぐらいです。

 

お金が入ってきやすい人というのは、確かにいます。

財運などの有無にもよります。

しかし、大小の違いはあっても、みなさんに共通するのは、

お金は黙っていて入ってくるものではないということ、

入って来たお金は、やがて出て行くということです。

 

お金が入ってくるのには順番があるのです。

信頼、信用が有って入ってくるのです。

信頼や信用は、奉仕の精神から生まれて来ます。

誰かのために一所懸命チカラを使う、

その結果として信頼や信用は付いてくる、

そういう順番です。

 

実は、愛情も同じです。

愛はお金では買えない、

お金で買える愛は、ホンモノの愛ではないということです。

 

奉仕と同じで、無償の愛情を注ぐことで、

信頼が生まれ、その人の魅力となり、

愛される、そういう順番なのです。

 

お金も愛も、無欲の奉仕から得られるものだと知っておいてください。