こんなこと勉強して何の意味がある?

学生の時って「こんなこと勉強して何の意味がある?」そう思うもの。

実際に社会に出てから全く使わない知識や技術もあります。

実は知識を入れることが大切なのではなく、

頭を使いながら五感を働かせた量が、

その後の人生に活かされるのです。

 

学生時代の意味のないように見えることも、

社会に出て使わなくなってしまった知識も、

その過程で役立っているので、

その後、忘れてしまおうが、使うことがなかろうが、

あまり関係ないということです。

 

毎度お話ししていることですが、

人生に無駄は無いのです。

 

とてもたくさん勉強して、受験が全てだった学生時代でも、

グレたり、遊びほうけたりしていたとしても、

何となく時間を過ごして「何やってんだろ?」と自問自答していたとしても、

全ては、自分の人生に意味のあることです。

 

もちろん、親や社会に迷惑をかける行為は、

宿命的にペナルティになりますけど・・

「全てのことに無駄は無い」

それに気付いた人と、気付かない人の差は、大きい。

 

出来れば、学生時代に取入れた知識を、

仕事でもプライベートでも、何かに活かせられればいいのだけれど。