どんな才能も使い方一つで長所にもなり短所にもなる

暑くなれば自然に着衣を脱ぎ、

寒くなれば着るというのは、

危いことから身を守る本能から来るものです。

この本能が強過ぎると、

自分を守る姿勢が強くなり内向的になります。

そんな場合は、他の守るものを与えてあげればいいのです。

 

どんな才能も、その人の使い方一つで、

長所にもなり、短所にもなります。

 

例えば、身を守るという才能、

長所に働けば、我慢強さになり、

初志貫徹、意志の強さになります。

 

ところが、これが度が過ぎると、

頑固で融通が効かない、自我心が強く妥協出来ない、

それはつまり、急激な環境の変化に弱いということです。

 

もし自分が頑固で融通が効かないと思っていたら、

他人からそう指摘されていたら、

我慢強さが裏目に出ていると思っていいでしょう。

長所と短所は背中合わせなのです。