七夕と小暑

raphael人生, 今日をデザイン

あなたは七夕に何を願いますか?

宝くじは買わないと当たらないように、

夢も願わなければ叶いませんよ。

また、心に願うだけより、

紙に書いて日常的に目に触れるようにした方が

より現実になりやすい。

七夕はそれを教えてくれてます。

 

 

笹の葉 サラサラ・・・

日本の季節行事として七夕は代表のひとつですね。

 

7月7日は七夕ですが、今年この日は「小暑」でもあります。

「小暑」は、南からの夏風が吹いて来て、本格的に暑さが身にしみる頃です。

日本では梅雨明け近くで、集中豪雨も心配な時期、

晴れた日はセミも鳴き出す頃です。

 

さて、この小暑(今日)から、

大暑の終わる8月6日までが「暑中」になります。

暑中見舞いはこの「暑」の期間内に書くものです。

暑の季節の中だよってことですね・・・

とても日本らしい、素敵な慣習だと思いませんか?

 

8月7日は暦では立秋、そう、秋になるんですね

立秋以降の暑い日は「残暑」ということになるわけなので、

8月7日以降は残暑見舞いになります。

 

小暑とか大暑は忘れ去られても、暑中見舞いという風習は残っている、

なかなか会えない人には、お手紙でも書いてみてはどうでしょう?