不満を満足に変える

人は不満や不便から新しいものを生み出す生き物です。

人生も同じで、不満に対するパワーが

運気を動かすことがあります。

ポイントは不満を不満として吐き出さないこと。

不満を満足に変える知恵が重要です。

 

 

人の本能の中には、

「反発」や「反抗」、あるいは「反骨」といった

一見ネガティブに取られやすいものがあります。

でもそれらは歴然とした才能です。

ただし、社会生活の中、人付き合いの中で、

その才能を上手く扱わないと、

嫌われたり攻撃を受けたり、

理解してもらえなかったりします。

表現の仕方、接し方を考える必要がある才能です。

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★

 

1962年7月12日にイギリスのロックバンドのザ・ローリング・ストーンズが

ロンドンのクラブに初出演したのを記念して制定されたのが、

ローリングストーズ記念日。

 

ストーンズの大ヒット曲

「I can’t get no satisfaction」

いつの時代も若者の不満の中から、画期的な文化が生まれます。

 

なぜ若者?

ある程度年をとってくると不満が合っても出て来るのは愚痴とあきらめ・・

これでは大人から新しい文化はなかなか生まれないですよね。