不運を幸運に変えていく手立て

raphael人生, 今日をデザイン

幸運続きという人は、周りの人のお陰をこうむっているだけです。

また不運続きという人は、周囲の人がもたらす幸運の糸口を

無視しているか、鈍感になっているにすぎません。

あるいは不運を幸運に変えていく手立てを知らないだけなのです。

 

 

不運を幸運に変えていく手立て、

あるいは不運を断ち切ること、

それは、自分の特色を活かす、

そして動いてはいけない時期は動かないということです。

その一例を挙げます。

自分に足りないものがあったら、身につけるのも一つの手です。

 

◎地道に自分の力で何ごとも切り開いて行くということ

◎そのパワーを生むためにも安らげる家庭を作る努力をすること

◎常識や世間体、ルールといったものを意識し過ぎないこと。

◎現実を十分に理解した上で地に足をつけた生き方も必要。

◎冷静さと状況の判断力を養って行くこと。

◎自分の責任は自分でとること。

◎多くの人と知り合いコミュニケーションを取ること。

◎自分の世界に引きこもりジッとしていてはいけない。

◎心から湧き出て来る愛情を多くの人に注ぐ。

◎悩みを断ち切れるだけの心の修練が必要。

 

そして最後は「気持ち」です。

不運をそのまま不運と思うか、

もっと大きな不運よりは幸せと思うか、

あるいは不運をチャンスと考えるか、

その気持ち一つで不運は断ち切れるでしょう。