人から助けられる運勢になるには

生まれてから小中学校くらいまでに

どれだけたくさんの人に接したか、

その接し方が多ければ多いほど

「徳人」が出来あがります。

それがその後の人生において

何となく人から助けられる運勢になっていくのです。 

 

人と接するというのは、

同級生や、友達が多いというだけではなく、

家族や親族のつながり、

近所の人や、社会の中でたくさんの人と接することです。

それが心を育てることになります。

 

親がなくても、接する人が多い人は

それだけエネルギーをもらえるので、

社会に出てからチカラになります。

 

ちゃんと親がいても、

接する人が少ない人は、

社会での苦労を乗り越えるチカラが弱いのです。

なので、そういう人は、才能を磨いて、

徳のかわりにチカラにするといいでしょう。