人は最大で120年生きられる

raphael人生, 今日をデザイン

人が死ぬと、

魂は人間の時間で50年程、

浄化の旅になるそうです、

そして再び人間界に戻り修行を行う。

その繰り返しで、

魂のレベルが上がって行きます。

 

これは仏教の教えに近いものがありますが、

もともとは算命学理論で、

それを仏教が教義に取入れたと言う背景がありますから、

考え方が似てもしかたがないところです。

 

魂の世界は50年周期のようですが、

現世では、人は60年周期。

 

生まれてから60才までが前半の部分、

世の中では還暦といって、

60のえと(干支)一回りして、

生まれた時の干支に戻るというものです。

 

そして後半の60年が始まるのです。

生まれてからの最初の60年が「陽の60年」

そして、還暦を迎えてからのもう一回りの60年が「陰の60年」

この陽と陰の年月合わせて120年。

 

なので、人は最大で120年生きられるということなんです。

これは、どんなに医療が進歩したとしても、

人間が進化したとしても、基本的には変わらないようです。