企業の持つ「運命」

raphaelビジネス

企業にも人間と同様「運命」があります。

企業の持つ「運命」は、その会社の創立日、創立者の生年月日、
現在の代表者の生年月日、そして何代目の社長であるかによってほぼ決定します。

大企業ともなると組織する役員の影響も受けますが、
中小企業であれば社長によるものであることが多いものです。
これらの条件が変転しながら企業自体の運命も変化していきます。

経営の悪化、社員のトラブル、事故など、これらは偶然のものではなく、
決められた流れによって生じるのです。

もし、企業の将来が予測できれば、また注意問題点が明確になれば、
企業の発展は約束されたようなものですよね。

会社を発展させたいのなら、
自分と会社の宿命を知り、運命を動かしなさい。

(ここでは、ビジネスに役立つ考え方を綴っていきたいと思います。)