何が善で何が悪か

人の世は100%の善も100%の悪もありません。

何が善で何が悪か、

人や環境や時代によって変化しますし、

善も悪も表裏一体なのです。

大切なのは自分の心に

「清濁併せ飲む」器の広さを持つことと、

善と悪を見分けるチカラを養うこと。

 

 

たとえば、ウソ。

最初から騙そうと思ってつくウソと、

相手を思いやってしかたがなくつくウソでは、

同じウソでも質が違います。

正直に話したとことでも相手を傷つけたり

自分自身が辛い思いをしたりするものです。

 

また一人の行動が

人によっては感謝になり、人によっては非難をする

そういうこともあります。

 

世の中は「道義」と「法律」によって

善悪の判定をされることがほとんどですが、

感情というものが、ひとりひとり違うのと同じで、

善悪の判断基準も、ひとりひとり違うということです。

 

それが、人の運気にも影響をすることは間違いないのですが、

でも、そういうことを含めて、全て自分の運命だということです。