兄弟姉妹の運は環境によって変わる

兄弟姉妹で何番目に生まれるかで、

運命学的に大きな違いが生じます。

女の子よりは男の子の方が影響は大きい。

ただし、何番目が良いかは生まれた日、

あるいは環境によって判断は変わりますが、

与えられた環境と宿命を受け入れることが肝心。

 

例えば、運気には初代運というものがあり、

初代運は親の援助を受けず自立して、

自分が初代として生きるのに向いているものです。

 

なので、長男が初代運を持つと、何かと面倒なのです。

世間では長男は跡取りとして家督を継ぐ流れがありますが、

初代運は、それには向いていない運気だということです。

長男であっても、親元を出て、

自力で行きていくことで運気が活かせる、

そういうものもあるのです。

 

あるいは、墓守の宿命というものもあって、

二男、三男が、これを持つなら、

長兄に任せきりにせず、自ら役を担うことが大切、

等々、それぞれが生まれ持つ宿命の条件というものがあり、

それを環境の中で活かすことが大切なのです。

 

 

12月13日は「双子の日」

1874年の太政官指令により、

「前産ノ児ヲ以テ兄姉ト定候(先に産まれた方を兄・姉とする)」と

多胎児の兄弟姉妹の順が定められた日であることから。

双子や三つ子などの多胎児にも、それぞれのもつ宿命が、

環境によって変わってくるということです。