全ての行為は自分に還ってくる

人をおとしめたり裏切ったりする行為は、

実はその後の人生の運気に大きく影響します。

現実には将来自分も結果的に同じ目にあったり、

たとえ自分に跳ね返って来なくても、

自分の子どもや孫に還ってくるんです。

 

4月30日に北欧・中欧で行われる行事で、春を祝う祭「五月祭」の前夜祭、

それを「ヴァルプルギスの夜」といいます。

ドイツの伝承では、魔女・魔術師たちがブロッケン山に集まって

大規模な祭を開き、魔封じの聖人ヴァルプルギスに対抗するのだという。

 

いつの時代も、どこの国でも、善と悪はあるものです。

人間の「気」も、良い気と悪い気があります。

それをコントロールする人間の問題です。

 

「お気に入り」って言葉がありますよね。

一番好きなモノや人に対して使いますけど、

気に入るって要するに、その人の強い思いが、

そのモノに”気”として入っているということなんです。

 

だから時としてモノに魂(気)が入る。

人形に魂が入るって話しもそうです。

問題は良い気なのか悪い気なのかということです。

 

呪いのワラ人形ってありますが、

あれもそのワラに怨念を込める、

一種の気を入れる行為になっています。

悪い気は、いつか必ず自分に返ってくる。