和を以て貴しとなす

「和」とは、

人間関係にバランスが必要であり、その裏側には

「自分」をキッチリ持ちなさいということが含まれています。

もともと日本の民族は和を作るのが上手いので、

誰にでも有る能力なんです。

争いを良しとしないのも国民性のようなもの。

 

 

大和国(やまとのくに)日本、

和の国とは日本の民族らしい名称です。

聖徳太子の「和を以て貴しとなす」

人々がお互いに仲良く、

調和していくことが大事だという教え。

さすが聖徳太子!!

 

和の本質は、単に調和とか仲良くというだけではなく、

皆で手を取り合って人々を守りましょうっていうものです。

守り、安定、それが本質で、

自分一人ではなく、皆でというところがポイントです。

そのためにはやはり人間関係を円滑にするというのが

大事になってくるわけです。

 

和を保つのには何が必要か?

それは人を自分の世界に引き込む説得力、

そして人をとりまとめる政治力なのです。

感情的な激突を極力避けながらも自分の考え方を押し通す、

それには根回しも必要になりますし、多面性や柔軟性も必要となります。

根気や努力も必要になるし、ブレない信念も必要です。

和を保つって、意外と複雑なのです。

それが個人と組織や国家の場合とでだいぶ違って来ますが、

基本は同じです。