子どもにとって祖父母の存在は

子どもにとって祖父母というのは
親の欠けた部分を補ってくれる存在であり、
親の運が悪ければ悪いほど、
祖父母の運が味方するようにできています。
そのことが子どもが大人になってから遭遇する
人生の壁に対する強さの違いになって出ることがあります。

家系の人達とのコミュニケーションは重要になってきます。

子どもの頃に伸びが悪かった人でも、

祖父母と同居した経験があると、後年に必ず伸びます。

それは精神の成長の問題で、

大人になってから、いざという時の運気の強弱で出てきます。

 

おじいちゃん、おばあちゃんの、魂に与える影響はかなり大きい!!

人生の後半にはものすごい強さになって、

ある種の「徳」をもって運勢を上げられるタイプになるのです。

 

自分の子どもに本当の幸運を与えようと思うなら、

自分たち夫婦が多少の負担や犠牲を背負っても、

親や目上の人を養う、同居するのが良いのです。