岩田聡さん/任天堂・元社長

image_print印刷用表示

岩田聡/実業家・ゲーム開発者

岩田さんはプログラマであり、任天堂元代表取締役社長だった経営者です。残念ながら2015年7月他界されました。

携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」や、「Wii」、「ニンテンドー3DS」を発表したカリスマ的社長、彼の功績はどのような才能から生まれて来たのか?

 

岩田さんの才能のバランスを見てみます。

スクリーンショット(2015-09-17 16.12.15)

 

圧倒的に多いのは「守り」のエネルギーで、これは努力というパワー、あるいは人を守りたいと言う奉仕のチカラになり、職人タイプの才能です。ゲームのプログラマ、開発者というのはやはり職人。それが才能として発揮されています。ゲーム開発にチカラを注いだプロフェッショナルなのです。

そして表現力や芸術性という感覚的な才能も高い。単なるプログラム職人ではなく、人を楽しませると言う表現力を兼ね備えている人でした。

 

現実の世界で実際に発揮された才能・能力は次の通りです。

スクリーンショット(2015-09-17 16.12.05)

岩田さんはゲームの開発、ゲーム会社の運営を通して、何かを守りたかった人なのでしょう。何を守りたかったかは本人に確かめる術はありませんが、子ども達や大人に対しても「平和」を願っていたのだろうと推察します。

そして攻撃、戦略の才能が大きく発揮されています。これはスポーツに関する才能でもあり、ゲームの本質でもあります。ゲームの世界で「攻撃」「競争」「戦略」を表現したわけです。

上記の表には出ませんが、岩田さんには霊感的能力が備わっていたようで、天から降りてくるような、沸いて来たアイデアやパワーがあったと思われます。

 

岩田さんが他界して2ヶ月、任天堂は次の社長を君島達己さんに決定しました。実力は申し分無く、運気もとても強い状態です。ただ、2015年の今、君島さんは天中殺に入っています。運気が強いとは言え、任天堂の舵取りは、なかなか思った方向には行かないでしょう。この方にも備わった霊感、それを発揮する「君島マジック」がどう動くかです。