平凡は才能

天才と凡才は同格である、

役目が違うだけ。

天才は偏りがあり魂がアンバランスだが、

特定の分野で才能を発揮する、

凡才は魂のバランスが良く中庸が作れる。

平凡は才能なのです。

 

多くの人が天才に憧れて、天才でありたいと思っている。

でも実際は、誰でもが非凡な才能を持っている、

天才と言われるか否かは、

「努力」と「運気」の差でしかない。

天性の才能を持っていても、それを磨く努力をしているかどうか、

ちょうどいいタイミングで運気が動くかどうかです。

 

たとえ才能を活かせなかったとしても、

あるいは平凡を望んでいたとしても、

それはそれで幸せなことなのです。

 

多くの人は平凡と言われることに抵抗がある。

でも実際は平凡であることの幸せ感や

平凡だからこそ出来ることが多いことを知るべきです。

特に人間関係には如実に現れます。

平凡という才能が人間関係を円滑にするのです。