幸せって何かがわからない?

image_print印刷用表示

子どもの頃から何の不安もなく過ぎて行くと、

何が不運で何が幸運かが多分わからない、

豊かな時代があり貧しい時代があって初めて、

こっちが幸運でこっちが不運だと比較が出来るわけです。

 

 

子どもの時から親に守られ、幸せに、あるいは

日々当たり前のような生活をしていると、

成功していても本人はあまり幸せを感じていなくて、

何か当たり前のことみたいに感じるわけです、

 

そして、運気が落ちて仕事も上手くいかなくなったりすると、

初めて上手くいっている時が幸せだったんだと気付く、

そういうことがよくあります。

 

「天」はよくしたもので、何が幸せで何が不幸かをわからせるために、

人間にバランス良く幸運と不運というものを与えてくるのです。

若い時は苦労するというのは、幸せを感じるために必要なこと、

若い時代の挫折は「宝もの」なのです。