幸運と不運の差はそんなに無い

不運を30年ぐらい続ければ、

後はそれ以上の不運は続かない、

これは一つの人間のサイクルみたいなもので、

必ず夜の次には昼が来るみたいに、

人間の運勢にも悪い時の次には良い時が来る、

そういう循環があるのです。

 

 

大抵の人は、運気が良いということは、

経済的・ビジネス的に良いときのことであり、

現代社会においてそれなりの成功を意味しています。

 

仕事が思ったようにならなくて世に認められないとか、

その日を暮らすので精一杯という状態を幸運とは思わない、

その中の小さな幸せは幸運ではなくなっている、

それが現代社会に生きる人の感じ方です。

 

人は120年生きたとして、

仕事運の良いときというのは120年の中の30年程度です。

辛いなという時代も20年ほどです。

 

幸運、不運の差は、実はそんなに無くて、

何が幸運で、何が不幸かは、

自分の心で決めているだけです。

 

あなたの不運は他人の不運とは違う、

あなたの幸運も他人の幸運とは違う。