幸運を授けられるのは

終生悲運であった人でも本物なら、

いつか時代が救い上げるのであり、

子孫がしっかり供養してくれます。

本人が物質的な恵みはなかったとしても、

その家族や家系が恵まれるという形で

幸運というものを天から授けられるのです。

 

芸術家には、

生前には認められず困窮していた人が、

没後に認知され名誉を得た人も多いです。

本人にとっては現実の社会が辛い一生だったとしても、

それと引き換えに、歴史に名を残すと言う場合もあります。

 

作品を残したり、歴史に名を残すようなことをしなかったとしても、

子孫がちゃんと供養してくれるのであれば、

それは幸せな一生なのではないでしようか。

 

大きなお金を使って家を建てても、

長い年月では自分のモノではなくなってしまったり、

壊れてなくなったり、

物はいつかはなくなります。

 

お金やモノを大切にするのはいいですが、

執着するのは、あまり意味がない。

幸せは、そういうところには無いということです。