性格や才能などを考慮に入れて学校選びをする

日本における戦後教育は

運命学的にすでに変革期に入っています。

多くの若者が大学教育を常識のワク内に入れた、

そんな時代は終わりなので、

十代で身につけるものが変わってきます。

大学はより専門性を問われてきます。

 

 

あいかわらず受験戦争という言葉はなくなりませんが、

時代は変わっていることに気づいている人はいても、

それを考えて受験している子は少ないでしょう。

 

女の子にしても男の子にしても、

中学生なら大学を意識して高校を選び、

高校生ならば就職を意識して大学を選んでいる傾向があります。

 

受験に際して子どもの性格や才能などを

考慮に入れて学校選びをする親や子はどのくらいいるのでしょうか・・

受験生の中にも、第一志望、第二志望と順に受験する人がいますが、

受験の前に自分自身が本当に好きなものは何であるかを探し当てることです。

受験しようとする学校が好きなのか、

数学あるいは文学を学ぶこと自体が好きなのか、

それを学んで自分は何がしたいのか、

はっきりさせるべきです。

 

入るための受験ではなく、出てから活かすための受験でなければならない。

活かすには目標が定まっていなければ決められない、

目標は夢がなければ定められない、

大学は専門学校とくらべてその点が弱いのです。

大学を出ればいいという時代は終わりです。