恋愛運と結婚運は違う!!-2- ~出会いに影響するもの

相性以前の問題ですが、人は「恋愛型」と「見合い型」に分かれています。

出会いには個人の性質の問題があるということです。

「恋愛型」の人というのは、自分自身が動いて相手を探すことにより出会いをものに出きる人で、こういう人は積極的に出会いの場をつくり、また人との関わりを多くすることで恋愛を見つけることが出来ます。

一方「見合い型」の人は自分で行動しても縁に結びつかず、家族や友人、仕事仲間等に紹介を受けることで、恋愛に発展するタイプです。ですから、このタイプの人は積極的に探すより、周囲に相手を探してもらうようにした方が良い縁に恵まれるのです。

また異性との出会いに影響してくるのは「運気の流れ」です。

「気」の流れがよければ、出会いのチャンスも増え、相性の良い人との出会いにも通じます。

「気」の流れに異常性がある時期の場合は、年の離れた相手や、異国の相手、あるいは一風変わった相手との縁です、そして女性なら年下の男性、男性なら年上の女性との縁が強くなることもあります。

人は、なんとなく出会いをしているようですが、実はその時々の気の動きによって、出会う人が決まって来ます。知らず知らずに出会いの条件が変わっていくために、運気の状態によって出会いの傾向も変化しているんです。多くの人と出会っている中で恋愛感情をもつにはそれなりの理由・条件があるということです。

一目惚れのように出会ってすぐ恋するような相手が必ずしも理想の相手というわけではありません。第一印象の悪い相手が一生の伴侶という場合もあるのですから、出会いとは不思議なものなんです。