政治家が試されている

今は中央も地方も政治家が試されているとき、

淘汰であり、良い意味での浄化です。

そろそろ国民も本気を出して政治を考え、

選ぶ人を真剣に吟味する時になってきたようです。

「どうでもいい」とは言っていられなくなって来ています。

4leave

近年は、憲法改正の問題や、政治資金問題など、

政治のあり方や、政治家の資質の問題が

常に話題になっています。

 

近年、政治家の質はかなり低下しているような気がします。

政治そのものは、旧態依然ですが、

政治家個人は理念もふくめてレベルが下がってる気がします。

 

ですから、自分たちの代表を決める際は、

政治家の資質を判断する必要があると思います。

 

昔は知人や所属団体の勧誘で選挙に一票を投じる傾向が強く、

議員がどんな人かも知らず投票していた人も多いはず。

場合によってはポスターの人相で判断する人や、

地方によっては現金が飛び交ったことも・・

 

最近は、インターネットの普及も相まって、

議員本人の顔が大分判ってくるようになりましたし、

それ以上に、国民の問題意識が高くなっています。

 

政治の中から変化が生まれないのならば、

土台を作る国民が変化を促す必要があるのです。

 

政治家は給料をもらう職業の一つ

という意識で政治家になっている人も少なくないでしょう。

実際、政治家といえども普通の人間には変わりはなく、

それは会社の社長やサラリーマン、商売人、公務員等々と何ら変わりはないのです。

事業家が会社を興して成功するのと同じで、

政治家の成功もその仕事の中で運をつかんだにすぎないのです。

 

ですから、政治家の中には

才能はなくても運やタイミングで成ってしまった人も大勢います。

政治家としての理想や倫理、信念に欠けた人たちも存在するんです。

 

でも本来は、政治家は才能より、

自分の力で信念をもって何処まで進んでいけるか、

そして、いかに良いタイミングで運の波が訪れるか、

そして、私欲を求めてはいけない職業だということです。

 

でも、今は、信念だけではなく、やり方も考え方も、

政治家の条件として求められていることを、

今の政治家は判っていないのかもしれませんね。