本を読むことは 才能を伸ばすのに役立つ

raphael子育て

1805年4月2日

デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日です。

この日を子どもと子どもの本に関わるすべての人をつなぐ日として

記念日【国際こどもの本の日】にしたようです。

4月2日を挟んだ2週間が絵本週間にもなっています。

 

運命学でも、本を読むことは

才能を伸ばすのに役立つことがわかっています。

本と言っても、様々なジャンルのものがあり、

小説、伝記、歴史書、詩集、エッセイ、

哲学書に絵本、経済書に自己啓発本

趣味の本に写真集などなど、

総称として「本」としていますが、

微妙に意味合いが違ってきます。

 

文字で綴る本と、絵本や写真集では

鍛えられる感性がかなり違います。

具体的に言うと、

小説家の才能と、画家やカメラマンの才能はちょっと違うのです。

 

ただし子どもに対しては、

将来何になるかは関係なく、様々な本を読ませると良い。

文字から習得するチカラを得ます、

たとえば言葉やストーリー、その構成力、

文章から想像することで、創造力を鍛えられます。

 

絵や写真からは、色彩や表現といった伝達力を感じ取り、

感受性が磨かれます。

その他にも、過去の慣習や、歴史、人間の生き方を

本は教えてくれます。

 

子どもにとっては大人になるための必要な情報が、

あらゆる本に含まれているのです。

子ども時代の読書は、必ず大人になってから役立ちます。

年齢に合ったレベルの本が適切に渡されると

更に良いのですが・・