枠から外れる? 枠に収まる?

誰でも自分の考えには枠があります。

人は、知り得た情報や知識、

学んだことでその枠を作ります。

固定概念のようなものです。

でもそれは場合によって人間のスケール・器を

小さくしてしまうこともあるでしょう。

 

ある意味で小さな子どもは枠がありません。

枠があるとすれば単なる知識不足。

それが小学生も高学年ぐらいになって来ると理性や自制心が働いて、

自由な感覚を押さえてしまいます。

 

大人はさらにです。

大人の枠は「常識」と言う既成の概念が大部分。

枠から外れるのが怖い人もいるようです。

自分で自分に限界を作ってしまったり

集団の中で孤立したくないという思いから、

周囲に合わせてしまって自分の考えを押さえつけてしまったり。

 

でも、それはそれでいいんじゃないでしょうか?

枠から外れるのは意外と勇気が要りますし、

外れれば良いというものでもありませんから。

 

ただ、宿命的に、最初から枠を飛び出している人もいますし、

枠を作らない人もいます。

そういう人を受け入れることが大切。