桃の節句・ひなまつり

お雛様は一種の魔除・おまじないです。

昔から人間の身代わりになってくれるモノで、

病や災い等から子どもを救うという役目があり、

願いが込められている。

人形の金額や祭壇の高さは関係がないのです。

 

三月三日、桃の節句

昔からお雛様って、人間の身代わりになってくれるモノです。

病や災い等から子どもを救ってくれるという役目があります。

古来から「人形(ひとがた)」と言って

「陰陽師」などで出て来る“式神(しきがみ)”の一種です。

大昔はその土地に都市を築く時、おまじないで

四方に人間を神の生け贄として埋めていたそうです。

それがだんだん人形や木片になっていきました。

雛人形はそういう名残も含んでいます。