水のようになれ

水はどんなコップにもピッタリ対応する。

水のようにどんな環境にも合わせられる人間になるには

知識・教養が必要です。

様々な知恵を得られれば柔軟な発想と対応が出来るようになり、

どんな器にも収まれる人になれるのです。

 

 

「水は方円の器に従う」という格言があります。

人民の善悪は、

国を動かす人やその政治の善悪によるという意味で、

つまり、人は、付き合う人や環境によって

善くも悪くもなるということです。

 

どんな器にも合う水も、環境に合わせることができる人も、

合わせる環境(器)が、良いモノなのか、そうではないのか、

読み取るだけの知恵と心が必要なのです。

 

そしてもうひとつ、注意が必要なのは、

同じ器の中で動きが無いと水は淀みます。流れが大事なのです。

人も同じ。新しいモノを見聞きし、人と出会い、様々な経験をする、

そうすることで淀まない水のような人に近づく。