海への感謝は、親に対する感謝

生命は海から生まれてくる、

つまり海(水)には万物を誕生させるパワーがある。

海を汚すということがどれだけ愚かなことかわかるはず。

私たちは毎日吸収している水の恩恵に感謝しなければならない。

 

【海の日】

海の日は、もともと7月20日の「海の記念日」が国民の祝日になり、

2003年のハッピーマンデー制度で7月の第3月曜日となったものです。

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」

ことを趣旨としています。

 

算命学理論で「海」は、方位の「北」と同質に分類し、

それは「親」であり、「神」をも意味します。

「母の愛情は海よりも深い」とよく言われますよね。

 

全ての生物を生み出す海は、母そのものなんです。

海への感謝は、そのまま親に対する感謝でもあり、

神との対話も意味します。