生は魂の修業、死は魂の浄化

運命学には「生」と「死」はつきものです。

生は魂の修業の始まり、

死は魂の浄化の始まり・・

要するに、終わりは無いということです。

今のあなたは修行中、

目の前の今日を生きぬくことに意味があるのです。

 

天は、人の誕生と死だけを決めていて、

その間(人生)は自由に生きられるようにしている、

生き方の選択を本人に任せているというのが、

運命学の基本理論です。

 

しかし、どんな生き方をしても、

楽な生き方で終始するわけではありません。

どれだけ苦しんで、

どれだけ頑張って、

どれだけ人の為に生きたか、

その内容を死んだあと評価されるということです。

 

そして評価の結果、次の時代が与えられると・・

再び人間界に戻り、現実の世界で魂の修行を行う。

その繰り返しで、魂のレベルが上がって行くのです。