生まれた日は、その人にとってベストの日

人間は不平等で生まれてくる。

でも、生まれた日そのものは、

その人にとって、一番ベストの日を与えられている。

つまり生きるのに相応しいチカラ・才能を

与えられているということです。

あなたはその能力をどんな風に使いますか?

 

 

出生日と戸籍上の誕生日が違う人がいます。

あるいは家庭の都合や戦乱時の影響で

本当の誕生日が解らないと言う方もいますが、

人間の宿命は生まれた日の自然界のエネルギーから

生じるものと理論付けられています。

 

ですから、生を受けたその日のエネルギーが

本来人間の宿命を構成します。

 

しかし、出生日と戸籍が違う人たちは、

本来の誕生日と戸籍上の日の両方の気の影響を受け、

精神面には特に二面性が現れます。

社会的「気」の要因で、「坐気」といわれるものです。

 

自分の意識が知らない間に「気」エネルギーを

呼び寄せていることなのです。

 

二つの誕生日をお持ちの方は、

どちらか一方を意識から捨て去ることをお勧めします。