生活の安全を皆が求める時代

image_print印刷用表示

これからの時代は、今まで以上に安全を意識することになります。

人権や情報、食に居住、要するに生活の安全を皆が求めるのです。

人を守るためにも自分自身を守るためにも、

周りの人と手を結び、和を作らなければなりません。

 

運命学的視点からも、

安全を守る業界に改革が必要になっています。

例えば、

警察や自衛隊など治安を守る組織、

病院や医療医薬品を作る会社など、健康を守る組織、

農協や漁協といった庶民の食を守る組織、

建築・住宅メーカーなどの居住を守る組織、等々

戦後作り上げたものを、もう一度構築しなおす時代に入っています。

今の時代に合った、今の庶民に合った安全を作ってほしいものです。

 

これは個人も同じことで、

コミュニティ自体を見直す時代なんです。

家族・親族、隣人、地域、

一歩進んだコミュニティを構築するべき時代です。

 

情報を守るということも大切で、インターネットだけでなく、

家庭や地域の防犯セキュリティも見直される時代なのです。