石の上にも3年

raphaelビジネス, 人生

ある程度の年齢にならなければ、

どうしてもできないものがあります。

それは年季を積んだ経験や

継続が生み出す才能がもたらすものです。

これだけはどんなに才能豊かな若者でも出来ない

壁みたいなものです。

 

 

石の上にも3年、

業種や内容にもよりますが、

3年もやれば、その経験は技術となって、

いずれ才能になります。

どんな仕事でも、

他の人から見て「真似出来ないな」と思えるようなら

それはもうプロです。

「真似出来ないな」と人から思われるような

仕事をしたいですね。

 

運気は、3年ぐらい経たないと動かない・・

でも、入社から3年、起業して3年、

あれから3年は経っているけど、良くなっていない・・

石の上にも3年いたけど・・

そう思いの方もいらっしゃるでしょう。

そうです。誰でも、どんな状況でも、3年経ったら良い結果が出るかと言うと、

そういうワケにもいかないんです。

 

3年では動かない理由・・

 

1、その人の運気がまだまだ動かないという場合。

運気が上がる時代がまだ来ていないという人は、

3年経っても、結果が出ないこともあります。

数年辛抱しなければならないという場合が多いんです。

 

2、会社のトップの運気が下降している場合。

どんなに本人の運気が良くても、努める会社の社長の運気が悪ければ

やはり、その影響は受けてしまいます。

 

3、悪いタイミングでスタートしている場合。

入社した年、起業した年、何かをスタートした年、

それが悪い時期に始めていれば、どんなに良い運気を持っていても、

結果が出ない確率が高い。

 

でもでも、どんな状況だったとしても、

やはり3年は頑張ってみてほしいですね。

決して無駄ということはありませんから、

かならず花咲く時が来ます。

それがちょっと遅くなるだけです・・