自然体で生きるのは意外に難しい

人は自然体が一番と言いますが、

自然に生きるのは意外に難しいもの。

特に人間関係で自然体というのは、

資質の違いから衝突してしまいやすい。

生きていく上での軽い演出は必要、

それはビジネスも同じ。

演出で人が喜んでくれればいいのです。

 

ものごとには、プラスとマイナス、長所と短所があります。

人の性質も同じです。

「素の質」をどう表現するかで、長所にもなり短所にもなる。

 

例えば、

「初志貫徹」がマイナスに向くと「頑固で融通がきかない」ことと隣り合わせ。

「反骨精神」がマイナスに向くと「反発心が強い」ということになる。

「行動力が強い」がマイナスに向くと「落ち着きがなく攻撃的」になりやすい。

「理論的」がマイナスに向くと「理屈」っぽくなります。

 

自分の中だけであれば、どんな表現をしてもかまいませんが、

社会の中では人との接点が出来るわけですから、

マイナスの表現はなるべく出ない方が生きやすい。

コミュニケーションを上手く取るためには、

少々の演技と自分を演出することは必要なのです。

 

「自然体」とは「自分の想いのまま」でいることとは違うということです。

 

「自然体」とは、

自分に素直に、他人にはマイナスにならないこと、そういうことだと思います。