親と子の関係

人は親となり、

また親を越えようとするところに

心の成長があります。

仲が良い親子も、

葛藤を持つ親子でも、

別れてしまった親子でも、

親と子の間に無意味なことは何もない。

 

親と子の関係は、

運気的にも宿命的にも、

子々孫々影響をしていきます。

 

親子の確執が生まれやすい宿命の人もいますし、

親元にいては発展出来ない人もいます、

親の財を食いつぶす宿命や、

家を倒してしまう宿命の人もいるのです。

親子だからといって、

かならず良い関係になるとは限りません。

 

ただし、子どもに対して親が与える影響や、

親に対する子どもの尊敬の念、

それをシッカリ考えて生きていかないと、

良いものは伝わらず、

悪いものを子孫に継承してしまいます。