運命が軌道を逸れるのは・・

raphael人生, 今日をデザイン

奉仕なんて大嫌い、

握った物は絶対離さない、

そういう生き方をしている人は、

どんなに経済的に成功しようとも、

運命が軌道を逸れて

混界という孤独な世界へ入って行ってしまう。

それは周囲から良い人が去り

悪い人が寄ってくるということです。

 

 

混界とは、人生に矛盾が生まれ、

運命の軌道から逸れていくことなんです。

この混界に入るとなかなか抜け出せない。

 

混界に入るということは、

自分の魂の霊次元が低下することを意味します。

霊次元が低下すると、

自分が望んでいる結果にはなかなか到達しない、

自分とは合わない人ばかりの環境に入ってしまう、

そういう状況になりやすいのです。

 

それが嫌なら、

親に必要以上に頼らない、自立した人間になる、

子どもに対して余計な世話をしない、甘やかさない。

そうすることです。