都会は大きなエネルギーを持っている

同じ国であっても地方と都会では、

慣習やルールが微妙に違うことがあります。

エネルギーにも違いがあって、

都会の方が大きなエネルギーを持っている。

良くも悪くも都会の方が運気が動きやすいということです。

 

【東京の日】

1868年7月17日、明治天皇の詔勅により、

「江戸」が「東京」に改称されました。

当初は東京府でしたが1889年には15の区が東京「市」として分立され、

1943年についに東京府と東京市が廃止され「東京都」になりました。

 

日本の中では、やはり東京が一番エネルギーが強い。

それは、まず活動する人が多く集まっているということ。

そして国の統治機構が都内にあり、

天皇も住んでいると言うこともあります。

 

多くの人の強いエネルギーが集まっていますから、

その分、良い気も悪い気も集まるのです。

 

これは会社や学校などでも同じことで、

多くの人が集まるところには、多くのエネルギーが溜るので、

体質と言いますか、団体の特質は個人に影響するわけです。

当然、トップである知事、社長、校長の影響は大きい。