人はなぜ病気になるのか?
病気を引き起こす要素は何?

病院でも原因がわからないとして、病気で悩む人が原因究明を鑑定に求めてくることも少なくありません。もともと算命学は「運命のDNA」といわれるほど緻密な、数種類の数式によって運命を割り出すのですが、その中に体質や病気等に関する判断方式もプログラムされているのです。これを基に一人一人の健康状態を鑑定していきます。

人は、宿命の中に、生まれながらにして病気の質を持っている人もあれば、ある時期になったら病気が発生する人もいます。生活の乱れや生き方などで、表に出たり出なかったりもします。また要因が大きいか小さいかの個人差はあるし、肉体的な病気もあれば、精神的な病気もあります。

宿命をみれば、その人が癌体質だとか精神的病気になりやすいとか、どの部位が悪くなるとか、またそれがいつ頃出てくるのか、それがハッキリ判断できるのです。

病気に対する原因と対策は一人一人違いますが、それを上手くコントロールして病気を防ぐ方法はある。同じ条件を持っていても、病気になる人とならない人の差は、いかに気エネルギーのバランスをとるか、生活のバランスを取るかによって違って来ます、気エネルギーのバランスを崩すと、病気になりやすく、やがて運気も乱れてしまうのです。

自分自身の体質や病気の要因を理解することで、生き方も運気も変わります。

 

※鑑定士の堀江は、准看護師の資格を持ち、医療の現場で活動した経験があります。特に精神疾患の患者様の現実の厳しさを目の当たりにしてきて、多くの疑問を持ったそうです、その疑問を解消してくれたのが算命学だったのです。

 

体質・健康に関する鑑定依頼はこちらからお申し込みください。

heartache_icon

 

関連ページ「病気について」