離婚が子どもにとって良い点は少ない

夫婦仲が悪ければ悪いほど

男性は芝居をして行かなければダメなのです。

何のために?

自分のためでなく子どもの運勢をくずさないためにです。

女性は演技をせずとも静かに相手に合わせるのです。

 

子どもがいる場合、

理由はともかく離婚は運気を崩します。

親がいがみ合って生活するのも子どもにとってマイナスですが、

離婚が子どもにとって良い点は少ない。

 

「子はかすがい」のことわざがありますが、

子どもが親をつなぎ止めてくれるというのは、

結果的に親が我慢して、あるいは演技して

子どものために、関係を繕うことです。

 

でも、それが子どもの運気のためには

とても大切なことなのです。

子どもが一人立ちするまでは・・