2014年ノーベル物理学賞受賞者を視る

2014年ノーベル物理学賞を受賞した、赤崎勇さん(名城大教授)、天野浩さん(名古屋大学教授)、中村修二さん(米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)、この3人の才能はどういうものなのか?今回は、3人の宿命の特徴を比較してご紹介します。

 

 

◎エネルギーとその特徴

赤崎さん/「エネルギー値235」

-特殊な思考の持ち主、奉仕の心で満ちている。

 

天野さん/「エネルギー値149」

_少し控え目で前面にエネルギーが出ないタイプ、理論派で反骨精神は強い。

 

中村さん/「エネルギー値286」

-とても強いエネルギーで宿命も破天荒で活動的な開拓者。

 

◎3人の宿命の共通点

保守的で努力家で頑固。

保守的と言うのは、保身ということではなく、「世の中の人を守りたい」という才能です。人を守る為に頑固なまでに意志を貫くというタイプ。

具体的に・・

赤崎さんは「人間愛」「平和思考」で人々を守ろうとし、人も信頼も情報も、全てを引き寄せられる人。

天野さんは「知恵」を使って、柔軟性のある頑固さで、人々を守ろうとする人。

中村さんは「改革精神」と「闘争心」で、人を守るために戦っている人。

そういう宿命です。

 

◎それぞれの特殊な特徴

赤崎さんは「感性」、それも霊感に近いところがあり、財運も強い人。お金も信頼も引き寄せられるので研究開発に没頭出来ます。

天野さんは、芸術性が非常に高く、ロマンを持った人。財運・名誉運の両方が揃っている人。

中村さんは、多くの人から「神」と崇められるくらいのカリスマ性がある人。先見性と政治力、そして何より人材を育てる才能に満ち、海外で成功する人。

 

 

3人3様の特徴はありますが、基本は、単に研究が好きだからやってきたのではなく、宿命の根底にある「人の暮らしを守りたい」とか「世の中のためになりたい」という質が前面に出ているのが、今回ノーベル賞を受賞した3名の先生方の特徴でした。