教養とモラル

人間は放っておいても体は大人になります。

ところが「心」が大人になるということはなかなか難しい。

心が成長するための智恵が、教養とモラルです。

大人になって行くのに必要なものがそれなのです。

 

算命学で言う“教養”というのは、

単なる知識ではなくて、

親と子の愛情や、自然に対する愛などの

形にならないものの世界を知るということなんです。

 

学校の勉強も一応教養には入りますが、

むしろ学校では教えてもらえない、生きるための知識、

そして人間関係を深めるための生き方、接し方、

そういうものが教養です。

 

そして“モラル”というのは、

本当は自分に与えられた「枠」を知ることにほかならないのです。

 

常識や慣習といった、その時代の人が作っていくものではなく、

普遍的な、人間のサガといいますか、宿命のようなもの、

何のために生まれて来たのかとか、

何をすることが役目なのかとか、

何のために人と関わるのかとか、

そういうことを考えていくことがモラルに通じるのです。

 

若い時に徹底した教養とモラルを身に付いていると

自分の運勢が低調な時になって非常に活きてくるんです。

意外と年を取ってからも運勢が下がりません。

 

誰でも年は取りたくはないと思っているでしょうが、

最終的には人間は死の世界に行くのです。

時間というものに関して

逆らうことの出来ない流れの中に人はいます。

晩年期になって悠々とした人生を歩みたいなら、

教養とモラルは身につけておいてください。