七五三のお祝い

人は誕生して

3年で天地人の気をもらい人間の仲間入り、

5年を使って地球を構成している5つの地上の神の気を受ける、

7年かけて宇宙の気をもらい、やっと男と女の区別がうまれる、

それが七五三のお祝い。

 

 

11月15日は七五三です。

子どもが生まれて成人するまでの間、子どもの幸福を願う上で、

七五三のお祝いは、その中心的な行事となっています。

子どもの未来を祈って神殿に手を合わせる親子の姿は

理屈抜きに微笑ましいものです。

 

多くの親たちは、世の中のしきたりとして祝っているのでしょうが、

実はそのしきたりの中にも、算命学の原理が含まれているのです。

七五三のお祝いは、なぜ三と五と七でなければならないのでしょうか?

なぜ二と四と八ではいけないのか・・。

そうです、七五三は、東洋の先輩たちが深く考えて作り出したもので、

別にゴロ合わせではないんです。