迷いと覚醒

image_print印刷用表示

自分勝手に生きていながら

何処かで助けて貰っているとか、

人の悪口ばかりを言いながら

逆にその人に近づいて行っている人がいます。

それは止めた方が良いですよと言ってあげる事は、

言葉が自分の体を借りて菩薩様になることなのです。

 

 

お釈迦さまが35歳の12月8日、

菩提樹の下で悟りを開いたという伝えから、

悟りを成したことを記念して仏教界ではこの日を

「成道会(じょうどうえ)」と言うのだそうです。

 

「悟る」、つまり、迷いから脱却する、

そうすれば人生に迷わない、

とは言っても、なかなか難しいものですよね。

 

過ちや迷いに気づくこと「覚醒」、

自分のしてきたことを、キッチリと理解して、

生き方を修正するってことに近いです。

 

そのためには、

自分は何のために生まれてきたのか?

何をしなければいけないのか?

それがハッキリすると、迷いも無くなるはずです。

運命学では、そういうことも判るんです。