時代という服をどう着るか

季節が変われば服装も変わりますよね、

夏には夏服、冬には冬服。

人生も同じで、その時代ごとに合った生き方をした方がいい。

時代という服をどう着るかで生き方が変わって来ます。

そういうとき、ただ頑固だというのは不利、柔軟な頭が必要。

 

今日は「洋服記念日」、

明治4年に発布された勅諭により、

明治5年11月12日付で「爾今礼服には洋服を採用す」

という太政官布告令が出されたことによります。

あきらかに明治維新というのは、

日本における運気の変わり目になっていますね。

様々な変革がありましたから。

服装まで変わってしまった。

 

個人の運気は、個人が動かすだけではありません。

国の運気や、時代の運気というものにも影響を受けています。

時代に合っていれば、自然と浮上するし、

時代に合っていなければ、努力しないと沈んでしまう。

 

今がどんな時代で、何が合っている時代なのか?

それを知ることは、知らない人よりかなり有利になります。

運命学だと、そういうことも判ってしまうのです。