今の評価を気にしない

raphaelビジネス, 人生

生きている時の評価と死んだ後の評価は違います。

歴史上の人物等は相当に違っているはずです。

だから今の評価を気にせずに、

自分が信じるものに向かって行く事が大事です。

他人の目(評価)を気にしていては、あなたの良さは出ない。

 

【モーツァルト忌】

12月5日はモーツァルトの命日です。

音楽家として天才とうたわれたモーツァルト、

しかし、その才能ゆえに、

生前は実力相当の評価はされずにいます。

彼の死後200年以上経った今では、

世界中に認められた存在になっていますが・・

 

同じように、

ゴッホやアンリ・ルソー、ゴーギャン、宮沢 賢治なども

没後、作品が認められ、

後世に名と作品が残っている方々です。

 

それが幸せか不幸かと問う人がいますが、

その人の生きた証しが残っていることは、

どんな人生を歩んだとしても、

幸せなことだろうと思います。

 

もし、納得の人生を送れなかったとしたら、

次に生まれて来る時代に、

また頑張ればいいんですが、

名を残すより、実は納得して生きることが大切なのです。