世の中は露のように儚いが

「露の世は露の世ながらさりながら」

小林一茶の俳句のように、世の中は露のように儚いが、

人にはそれぞれ生きている意味がある。

その意味を知るには時間がかかるが、

自分の本質を知ればやがて見えてくる。

 

 

【一茶忌】

俳諧師・小林一茶が亡くなったのが、

1827(文政10)年の11月19日。

一茶や芭蕉、多くの俳人・歌人・詩人、

その人達の世の中を見る目・視点、

表現力と世界観、

それは理解しがたいところがありますが、

後世まで残っているのは、

人間の本質を突いているからなのだろうと思います。

 

一茶は、生き方として次の句を残しています。

 

他の富めるをうらやまず、 

身の貧しきを嘆かず、 

ただ慎むは貪欲、 

恐るべきは奢り。