手に取った本にはあなたに必要なメッセージがある

raphael人生, 子育て

本がもたらす影響には種類があります。

できれば幅広いジャンルの本を手に取ってください。

そこに何を感じ何に気付くか。

何百万冊の本の中からあなたが選んだモノには、

必ずその時のあなたに必要なメッセージがあるはずです。

 

【読書の日】

10月27日から11月9日までの2週間が読書週間、

その初日である10月27日が読書の日です。

読書は何が大切かというと、知識を得るだけではなく、

何を感じるか、そこから何を想像するか、

そして「言葉」を知ることです。

漢字、語意、ことわざ、熟語、名言、等々

映像とは違う世界が書物の世界にはあるんです。

 

読書は心を育てると同時に、徳を身につけさせます。

特に15才までにどれだけ本を読むか、

大人の読書と子どもの読書は、

意味合いが少し違うからです。

 

読書は、運命学での「智徳」を養うことになり、

学びとる本能、技術を習得する能力を強くします。

子ども時代の読書は、必ず大人になってから役立ちます。