現実の世界では「仁」と「義」が大切

image_print印刷用表示

仕事にも人間関係にも自分のペースというものを作って、

粘り強く取り組んで行くことです。

そして潔さや謙虚さは周囲から好感を持たれますし、

人間関係も上手く行きやすくするでしょう。

 

「仁義」という言葉があります。

ヤクザ映画でしか聞いたことがない人もいるかもしれませんが、

本来の意味は、

「人間が守るべき道徳」というものです。

 

「仁」は奉仕の心、ボランティア精神のことで、「守りの才能」

「義」は人と積極的に関係を作る行動力、「攻撃の才能」

現実の世界で生きるには、

この「仁」と「義」が、どうしても必要なんです。

 

スポーツでもディフェンス(守)とオフェンス(攻撃)の

バランスが大切です。

人生も同じで、

全てを受け入れて和を保つこと、積極的に人と接して行くこと、

守りと攻撃は重要な要素です。

 

「仁」と「義」を態度で示すなら、

努力と忍耐、人に振り回されない、それが「仁」

謙虚で潔く、品性を持ち、正直さと責任感、それが「義」

このバランスが、人間関係をスムーズにし、

良い人生を送る秘訣になります。