「優雅に遊ぶ」という暮らし方

image_print印刷用表示

多くのものに触れて、多くのことを体験し

「優雅に遊ぶ」という暮らし方を覚えてほしいです。

一つの事にどっぷり浸かるよりも、

幅広くほどほどの遊び方をすることで、

バランスのとれる心を養います。

片寄ったものの見方考え方をしないこと。

 

 

人生には遊びという余裕が大切です。

余裕から生まれて来るものが多くあるからです。

特に人の上に立つ者には、遊びの心が必要で、

遊びの心が器の広さにつながるのです。

 

ビジネスは狭く深く、

遊びは広く浅く、

このバランスを取りながら生きて行ければ、

自分らしい人生が描けるはずです。

 

遊びを狭く深くして、それが仕事になる場合もあるのですが、

遊びを経験値のアップと考えるなら、

様々なことをして遊ぶことも仕事には活かされると思いますよ。

 

ただしやってみるのはいいけれど、没入し過ぎて周りが見えず、

迷惑をかけたり、危険な目に遭ったり・・

何でも、やり過ぎや入り込みは注意が必要です。